4年目はもう少し書きたい

2019.6.17

 

おじいちゃんのことを考えたら泣いた

 

2か月ほど前から彼と毎日寝る前に日記を書いているんだけどそれをたまたま本当に出来心で読み返したら5月3日におじいちゃんのことを彼が書いていてくれて泣いた

なんで死んじゃったんだろうな、ってふいに言葉が溢れてそこからどんどん止まらなくなって泣いた

 

なんで死んじゃったんだろうな、元気だったのにな、

会いたかったなもう一回話したかったな、もうお家に帰ってもいないんだよな、大好きなあの顔見れないんだよな、なんで会えないのかな、会いたいな、会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな会いたいな

 

止まらなくて泣き止んでもまた押し寄せてきて困った、目が痛いし鼻水もいっぱい出るし本当に困った

 

本当にもういないのかな

 

 

なんで死んじゃったんだろうな

 

 

 

 

2019.5.21

全く眠れずに朝がきてなんかの鳥が鳴いてて窓の外が明るくなってきた青い

 

雨が降っているのか少し肌寒くて寝床のロフトの小窓を閉めるか迷ってる

もうすぐ梅雨がくるね その次は夏だ

梅雨前のこの時期の夜明け前好きかもしれない

 

 

 

 

立ち直りました

ずっと大好き

 

 

 

 

もうすぐ隣で寝てる愛しいひととおはよう

 

 

2019.5.8

5月3日21時42分

おじいちゃんが亡くなりました

 

お別れが終わって一人暮らしの家に帰ってきました 

実感が湧きませんが不意に涙が出てきます

普通に笑って普通にご飯も食べられるのに普段通り生活をしている中で不意に涙が出てきます

 

悲しいかもわかりません

お通夜やお葬式ではわんわん泣いたけれどただただ涙が出てくるだけで気持ちがよくわかりませんでした

 

いなくなってしまった という事が全く理解できないからでしょうか

全くわかりません

わからないことが不安で仕方ないです

 

おじいちゃんはもういません

2018.12.31

こんなに悲しい寂しい気持ちの大晦日ははじめてだしもうぜったいにこんな気持ちになりたくないわたしはどれだけ自分を苦しめれば気が済むんだろうなはやくいなくなっちゃえよ

 

良いお年を

2018.10.31

11じ59ふんまで

 

終わりの時にだけ思い出して悲しくなるのはずるいなと思うけどまだそういう風にしかできないわたしだからごめんなさい落ち込んでる時に励ましてくれて心配してくれて嬉しかったなあとかコンサート見に来てくれてたよなとかいつも笑顔で優しかったなとかそういうことがいっぱい思い出せるけどたぶんきっと相当前から会ってなかった気がするし最後が近いってわかってても自分の心が壊れるのが嫌で行けなかった冷たいひとで自己中心的

 

なんでみんなわたしより先に行くのかぜんぜんわかんないしダメって言ったのになんでクソ

死ぬってどういうことかまだイマイチわかんないんだけど消えるってこと?

 

 

泣いちゃうからもうやめよ

2018.8.22

 

痛いくらいの日差しと何回も思う帰りたいと理不尽な厳しい言葉と警察署と泣いちゃいそうな気持ち

帰ってきてほっとする間もなく急かされる風呂とご飯と理由のわからない緊張感とそれによる疲れの倍増

ここうちだよね?って気持ちと健康的な食事と戦って入る熱い風呂

ぼくの気持ちと一緒早く出たいな

好きな人といるはずなのに苛々がつのるこころとあたま 風呂に入って血が巡りすぎてるせいだと思うが違う

うざって言葉使いたくねえなあ

今日の目標なんだっけがいちばん良くない

努力忘れてるよ ぼやってる影が言ってる

だれだよくそ  はい くそって言ったから負け